レオ、ぽぽ、ひなちゃん♪ 3チーの日常を綴ったブログです。                時々、(=^・^=)のななも登場します! 気軽に足跡残していってくださいね(^^♪
2016年6月25日 土曜日 
早いもので、チョコちゃんの初七日になりました。


sx701IMG_4747.jpg

今日も チョコちゃんに・・・とお花が届きました。

 O様、A様、Y様、I様、O様  綺麗なお花をありがとうございました。

笑顔のチョコちゃんの写真を2枚飾り、淋しくないように
ルナちゃんも一緒にいます。


チョコちゃんの件では、
SNSで初めての方からもたくさんお見舞いの言葉を頂戴し、
驚いております。

 ・いつもブログを見てチョコちゃんを応援していました。

 ・チョコちゃん よく頑張りましたね

 ・チョコちゃん もう苦しくないね

 ・チョコちゃん ルナちゃんに会えたかな

 ・チョコちゃん うちの○○とも仲良くしてね


チョコちゃんが、たくさんの方に可愛がっていただいていたんだな
と本当にありがたく思います。


今日はご心配いただいた方々に、亡くなる前のチョコちゃんのことを
少し書いておこうと思います。。。

  【6月18日 土曜日】
  まったくご飯を食べなくなったチョコが心配で、
  三日前に診てもらったばかりだけど、
  朝から妻に病院へ連れて行ってもらいました。
  検査に時間がかかるようなので、
  帰りは娘が連れて帰ってくれることになり、妻は帰って来ました。


  午後になって娘から連絡が入り、血液検査の結果、
   血糖値が異常に高く測定不能。糖尿病になっている。
   インスリンを投与して治療してる。
 とのこと。

  閉院時間が迫った頃、血糖値が下がらない と娘から電話が入る。
  先生が電話で状況を説明してくださる。
   かなり厳しい状況です。
   このまま病院でお預かりしても、どうなるかわかりません・・・


  相談の結果、今晩は自宅に連れ帰り、明日の朝、
  また病院へ連れて行くことにしました。

 
  娘と一緒に帰って来たチョコちゃんは、
  ハァーハァーと肩で息をして、とても苦しそう。
  お帰り と声をかけるが、涙声になってしまう。

  点滴でインスリンを投与しながら、数時間おきに血糖値を測定。
  娘が懸命に看病してくれる。


sx701IMG_4655.jpg


  数時間後、あっ、測れた! と娘の声。
  病院では測定不能だった血糖値が、何とか測定できるレベルまで
  下がってきたのだ!
  そのあとも徐々に下がっていく。
  これは奇跡が起きるかもしれない・・・
  そう思った。




sx701IMG_4658.jpg




  深夜2時の測定で正常値まで、もう少しというレベルまで下がり、
  次は朝の6時に測定するという。



  【6月19日 日曜日】
  そして、6時の測定では正常値の範囲まで下がっていた!

   チョコちゃん、すごいね! 
   よく頑張ったね!
   きっと良くなるからね!


  病院の開院を待って、連れて行くことになり、
  妻が運転して娘が抱いて出発した。
  私も同行したかったが、雨が降っているし、
  自分で移動できない私が行くと妻と娘に負担を掛けるだけなので、
  チョコちゃんのことだけに専念してほしいという思いで、
  留守番することにした。

   行ってくるわ。 という娘に

   待って。チョコちゃんの顔見せて とお願いし、
   先生に診てもらって、元気になって帰って来るんやで。
  と言いながら頭を撫ぜてやった。おててを握ってやった。
  そうして送り出した・・・

    ・

    ・

    ・


  チョコちゃんは頑張っていますよ! とブログを書いている時に、
  妻からLINEが入る。
  病院に着いたのかな?と思い、スマホを開くと

    チョコ亡くなった の文字


    思わず ウソや! と叫んだ。 涙があふれる。

  妻から電話
   病院へ行く途中で息が止まったわ・・・

   わぁーん
   チョコちゃんごめん。
   俺、こんなとこで何やっとんねん。
   なんで一緒に行かへんかったんや。 
 


   このまま病院へ行くわ




  病院でも、心電図の波形が振れることはなかった。
  ここまで頑張って来たチョコちゃんが力尽きたということだ。



  数時間後に動かなくなったチョコちゃんが帰って来た。
  チョコちゃんを抱かせてもらい、ただただ謝った。

sx701IMG_4674.jpg

  チョコちゃん ごめんな。

  おっちゃんはアホやな。自分のことばっかりで・・・

  チョコちゃんと一緒に行ってあげたかった。

  チョコちゃんは、この腕の中で看取ってあげたかった。

  チョコちゃん、よう頑張ったな。しんどかったやろ。

  チョコちゃん・・・   チョコちゃん・・・


  涙が止まらない。後悔しかない・・・



  この日は家族三人がそろう日曜日
  チョコちゃんはそれがわかっていて、日曜日まで頑張ってくれたんだ
  と思うと、なおさら申し訳ない。


  眠るように静かに逝ったそうだ。
  チョコちゃんが大好きな妻と娘が最期を看取ってくれて、
  本当によかったと思う。

  これが平日だったら、私も娘も仕事。
  妻も私の送迎で家を空ける時間帯がある。
  もし、そんな時にチョコちゃん独りで逝っていたら、
  悔やんでも悔やみきれなかっただろう。
  妻も、もっと辛かったと思う。



  最期のお別れの朝
  大好きだったパンのおもちゃを抱かせてやった。

sx701IMG_4699.jpg

  これを投げてよく遊んだね。
  もっと何回も何回も投げてあげればよかった・・・



sx701IMG_4709.jpg

  目を開けているチョコちゃんは、今にも動き出しそうだった・・・

  舌チロのチョコちゃんは、私の手をペロペロしてくれそうだった・・・


  動かなくてもいいから、ずっと一緒にいたかった。
  悲しくて悲しくて、なかなかお別れが出来ない。
  1枚でも多く、チョコちゃんを残したい。
  そんな思いで写真を撮ってもらった。


  妻も娘も気丈に振る舞っているが、
  本当は、私以上に辛くて悲しくて仕方ないんだと思う。

    散歩に行こうとしたら、チョコちゃんのリードがある

    自分の部屋に入るとチョコちゃんの物がたくさんある
 と涙する妻

  ふとした瞬間に悲しみがこみ上げてくる。

  レオ、ぽぽ、ひなちゃん。
  私も誰かの温もりに触れていないと壊れそうな自分がいる。

  家族に、ぽっかりと大きな穴が開いてしまった・・・



  3チーもどこか元気がない。
  レオは痛みの原因がはっきりしないし、ぽぽやひなちゃんもご飯を
  食べないことが多くなったし、心配は尽きない。

  残された3チーのためにも、少しずつ元気を出していかなければ・・・



sx701IMG_4748.jpg


    チョコちゃん ありがとう。本当にありがとう。

    チョコちゃんがいてくれたおかげで、
    毎日幸せな気分で過ごせました。






  支えてくださったみなさん。
  本当にありがとうございました。


スポンサーサイト