レオ、ぽぽ、ひなちゃん♪ 3チーの日常を綴ったブログです。                時々、(=^・^=)のななも登場します! 気軽に足跡残していってくださいね(^^♪
2016年7月2日 土曜日 
今日も暑い一日で、空も雲も真夏を感じさせるものでした

気持ちを整理するために、
もう少しチョコちゃんのことを書いておこうと思います。
長くなりそうなので、興味のない方はスルーしてください。


今から書くことは、
医療知識のない私が、あくまでも飼い主として感じたこと、
考えたことであり、同じ病気と闘っているわんちゃん・飼い主さんの
参考になればと書くものです。
決して医師の診断や治療方法などについて、
どうこういうものではありません。
そこは誤解のないようにお願いします。


20160702IMG_2129.jpg



チョコちゃんは、2013年2月に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、
お薬を飲んで現状維持できるように治療してきました。
そして、2014年11月には副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
発症しました。

心臓病を患っているチョコに、
このクッシング症候群の治療薬を投薬することは、症状の改善より
リスクの方が高いとのことで、心臓病の治療を優先することにしました。


今年の5月の検査では、心筋がかなり厚くなっていて、
「いつ何が起こってもおかしくない」と言われました。


6月に入ってからかな?
あんなに食いしん坊だったチョコちゃんの食欲がなくなり、
徐々に体調を崩し、亡くなる4日前、6月15日(水)にも病院で
診てもらっていました。
その時は、5月の検査から心臓が特に悪くなっている様子は無く、
クッシングの進行は仕方ないし、食欲がないのは鼻水を抑える薬の
副作用かも知れないと、休薬することになりました。

その後もしんどそうだったので、
18日(土)も病院へ連れて行くと血糖値が測定不能なほど異常に高くて、
糖尿病を発症していました。


ここでクッシング症候群と糖尿病の症状を比較してみます。

【クッシング症候群】            【糖尿病】
水をたくさん飲む              水をたくさん飲む
えさをたくさん食べる           えさをたくさん食べる
おしっこの量や回数が増える      おしっこの量や回数が増える
腹部がふくれる              腹部がふくれる(肝臓)
毛づやが悪くなる             体重減少
胴体が左右対称に脱毛する
筋肉が萎縮する

どうでしょう。
多飲多尿、食べる量の増加、お腹がふくれるなど、
共通する症状が多いですよね。
だから、「クッシングだから仕方ない」と思って、
別の病気の発症に気づかないこともあると思います。

糖尿病の要因の一つにクッシング症候群があげられ、実際、
クッシング症候群の10%のわんこが糖尿病を併発しているそうです。


私の勝手な想像だけど、
15日(水)の段階ですでに糖尿病を発症していたのではないかと思います。
いや、食欲が落ちてきたもっと早い段階で発症していたのかもしれません。

クッシング症候群と闘っているわんこの飼い主さん。
定期的にこまめに血液検査をされること、ちょっとした変化も見逃さず、
気になることは何でも獣医さんに相談されることが、
他の病気の早期発見につながると思います。


 僧帽弁閉鎖不全症

   副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

     糖尿病・・・



チョコちゃん、最期は三重苦でした

最終的には弱っていた心臓が持たなかったのかもしれないし、
おしっこも出なかったから腎不全をおこしていたかもしれません。

いずれにせよ、ものすごーく頑張っていたチョコちゃんが、
「ちょっと休みたいぢょ」と言って眠りについたんです。

チョコちゃん、助けてあげられなくてごめんね


土曜日の夜はチョコちゃんが一生懸命生きようと闘っているのに、
おっちゃんは寄り添ってあげることもせず、
娘が必死に看病してくれているのを椅子に座って見守るだけでした。
自分で移動できないから、
妻や娘に余計な手間を取らせたくないという気持ちだったんだけど、
そんなこと遠慮せず、
チョコちゃんのそばに行って、撫ぜてやればよかった・・・

深夜2時の測定が終わり、私は3時前にベッドで仮眠したけど、
娘は徹夜で看病してくれていた。
「次の血糖値の測定は6時」と聞いたから、
娘も休むと思い仮眠したんだけど・・・
そりゃあそうだよね。
チョコちゃんが生きるか死ぬかの闘いをしている時に寝れるわけないよね。
チョコちゃん、ごめん。
娘ちゃん、ごめん。


日曜日も病院へ付き添ってあげられなくて、ごめんね。
あとで妻に聞いた話だが、
病院へ向かう途中でチョコちゃんの異変に気付いた娘は、
心臓マッサージをしながら、先生に電話で状況を伝え必死だったと・・・

自分の腕の中で小さな命が消えようとしている・・・
どれほど心細かったことだろう。
どれほど辛かっただろう。

ここまで手厚い看護が出来たのは、娘のおかげです。

チョコちゃんには、何もできずにごめんね。という気持ちしかない。
よく頑張ったね。ありがとう。

娘には何もかも一人に任せてごめんね。という気持ちと 
ありがとう という感謝の気持ちでいっぱいだ。

私はいつも後悔してばかり・・・

娘には正直な気持ちをちゃんと言葉にして伝えた。
娘からはびっくりするくらい大人の返事が返って来た。
その内容に、また涙した。歳がいって涙腺がゆるゆるだ。


娘に言われた。「後悔してもしょうがないし、
今回の経験を活かして3チーに尽くしてやろう」と・・・
まったくそのとおり。

レオも、ぽぽも、ひなちゃんも本調子じゃないから、
しっかり見守ってやろうと思う。



チョコちゃんのこと・・・

深夜まで寝ずに娘に的確な指示を出してくださった先生
本当にありがとうございました。

私を励ましてくれた古くからのブロ友さん
本当にありがとうございました。

TwitterやInstagramで応援してくださったみなさん
本当にありがとうございました。

綺麗なお花を送ってくださったみなさん
本当にありがとうございました。



「わんことの時間を大切にしたいから・・・」と
ブログをやめられたお友達が何人もいます。
正直、私もそう思います。
私は手が遅いから毎日、1~2時間はパソコンに向かっている・・・
そんな時間があれば、3チーと触れ合っていたい。

ただ、愛犬自慢する親バカ振りと、
この子たちの記録を残すことが私の生きがいの一つにもなっているし、
こんな拙いブログでも「元気をもらった」「癒された」と
いってくださる方もいらっしゃるので、
たとえ不定期でも、もう少し続けてみようと思います。


sx701IMG_4795.jpg


sx701IMG_4797.jpg


sx701IMG_4788.jpg


とにかく今は、3チーが早く元気になってくれるように願うばかりです。

今後ともよろしくお願いします。




  ランキングに参加しています。
  お帰りの際にポチしてくれると嬉しいです
   にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
      にほんブログ村
         ↑ 励みになります! 応援のポチッお願いしま~す



*****************************
  いつもコメントありがとうございます!
    楽しく拝見しています♪
  お返事は皆様のところへの訪問に代えさせていただきます
*****************************
今日も最後まで読んでくれてありがとう!


スポンサーサイト