レオ、ぽぽ、ひなちゃん♪ 3チーの日常を綴ったブログです。                時々、(=^・^=)のななも登場します! 気軽に足跡残していってくださいね(^^♪
2016年7月30日 
全国的に梅雨が明けて、本格的な夏の到来
マイケル地方も猛暑です


ひなちゃんのことでご心配いただいていたのに、
更新できなくてすみませんでした。
しばらく更新できなかった理由は、別の機会にお話するとして、
ひなちゃんは開腹手術をしました

ひなちゃんの病気は 胆嚢粘液嚢腫 でした。 

胆嚢粘液嚢腫とは・・・
脂肪の消化に重要な役割を果たす胆汁は肝臓で生成され、
胆嚢に一時貯蔵されます。食事をとると胆嚢が収縮し、
収縮に伴い、胆汁は総胆管を通って十二指腸に放出されます。
胆嚢粘液嚢腫とは、
何らかの原因で胆嚢の中にゼリー状の粘液物質が貯留した状態
をいいます。
胆汁の分泌を障害するために様々な消化器症状を引き起こし、
状態が進むと、黄疸や胆嚢破裂に伴う腹膜炎などの重篤な
合併症を引き起こします。
     <インターネットから引用>
                     

手術までの経緯は、後日詳しく書こうと思いますが、
胆嚢摘出手術をお願いすることに決めました。



  7月26日 火曜日 お姉ちゃんと病院へ出発するひなちゃん

20160726hina1.jpg

  まだ、何もわかっていないから、ルンルンで出かけたそうです
  ウマウマじゃないんだけどね(笑)




  手術は夜になるそうで、外に出してもらったひなちゃん

20160726hina2.jpg

  お姉ちゃんが一緒だし、まだまだルンルン気分で余裕の表情
  チッコしておくんだよ。




  いよいよ手術が近づいたひなちゃん

20160726hina3.jpg

  鎮静剤を注射された時は、痛そうにしてたそうです

  ひなちゃん、頑張れよ

  心配で心配で、時間ばかりが気になります。。。




  そして、いよいよ手術が始まりました。


  午後10時半頃、お姉ちゃんから
  「手術は2時間ほどで無事成功したよ!」と連絡が入る


   やったー! 良かった。ほんとに良かった

     先生、ありがとうございます!




  手術直後のひなちゃん

20160726hina4.jpg

  まだ、反応は薄いけど、麻酔からの目覚めは、よかったそうです。

  手術を終えて深夜に帰宅したお姉ちゃん。
  明日はゆっくりでいいって言われたけど、
  心配やから、いつもどおりに行くわ
 と言ってくれた。

  お疲れさまでした。そして、ありがとう




  そして、翌朝
  点滴して入院中のひなちゃんとお姉ちゃんが対面すると・・・



  めちゃくちゃ元気です
  なんと、なんと、お姉ちゃんも先生も驚くほどの回復ぶり





  先生の許可が出て、夜にはお姉ちゃんと一緒に帰って来ました
  お家で点滴してもらいます

20160727hina1.jpg

  ご飯も完食とはいかないけど、ササミや牛肉は食べてくれました。




20160727hina2.jpg

  しばらく点滴を続けて、安静にしてもらいます。

  そんなにしんどうそうな様子を見せないので、
  ほんとにほんとにホッとしています。




  7月28日 木曜日

20160728hina1.jpg

  カリカリも、少しは食べてくれるようになりました。




  7月29日 金曜日
  昨日は血液検査と術後の経過を診ていただくため、再び病院へ

20160729hina1.jpg

  またまた満面の笑みでお姉ちゃんと出かけて行きました。
  今回もウマウマじゃなくて申し訳ないけど、ひなちゃんは可愛いです

  血液検査の結果は、まだ異常値ではあるものの、数値が順調に
  下がってきているので、点滴もしなくてよくなりました
  点滴のチューブも外してもらい、自由になったひなちゃん

  肝臓の組織検査もしているし、
  まだまだ経過を注意深く見守る必要がありますが、
  ひとまず大きな山は越えました。

  元保護犬のひなちゃんには、
  まだまだ、い~っぱい幸せになってもらわないと困るんです


  ご心配いただき、応援してくださったみなさん。
  本当にありがとうございました <(_ _)>




  ランキングに参加しています。
  お帰りの際にポチしてくれると嬉しいです
   にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
      にほんブログ村
         ↑ 励みになります! 応援のポチッお願いしま~す



今日も最後まで読んでくれてありがとう!

スポンサーサイト